会計検査院調査

家業継承時、課税漏れ 消費税免除に不備

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 個人事業主が開業から2年間は消費税の納税を免除される制度を巡り、会計検査院が調べたところ、家業を継承したケースでも適用されているとみられることが、関係者への取材で判明した。検査院は制度の趣旨に反しているとの所見を示す見通し。

 関係者によると、検査院が調査対象としたのは「事業者免税点制度」。新規参入の個人事業主などは開業から2年間消費税を納める義務が免除される。消費税の課税は2年前の売上高を基準に決まるためで、小規模事業者らの事務負担などに配慮した措…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

ニュース特集