メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球CS

打つ手が早く的確 巨人の高橋監督

【ヤクルト-巨人】五回裏ヤクルト2死二塁、三振に倒れうつむく山田哲(右)と喜ぶ投手・上原(中央)=東京・神宮球場で2018年10月13日、梅村直承撮影

 ○巨人4-1ヤクルト●(CSファーストS第1戦=神宮・13日)

 打つ手打つ手が、早く、的確だった。巨人の高橋監督が、短期決戦仕様の積極采配を披露。「後がないということもあるので、シーズンとは違った部分も(ある)」。大きな白星をたぐり寄せ、笑みを浮かべた。

 1点リードの五回2死二塁で山田哲を迎えた場面。先発・今村は粘投していたが、高橋監督は迷わず上原をマウンドへ送り出した。「流れを止めるためにいってもらった」と高橋監督。米大リーグで2013年にワールドシリーズ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです