メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

吉本が10代限定「少女歌劇団」始動 「サクラ大戦」広井王子が総合演出

少女歌劇団プロジェクト発表会見に参加した広井王子さん(中央)ら=京都市のホテルオークラで油井雅和撮影

 吉本興業は14日、「サクラ大戦」シリーズの総合プロデューサーを務めた広井王子さんを総合演出に、「少女歌劇団プロジェクト」を始めると発表した。「清く・明るく・麗(うるわ)しく」をテーマに、来春から「和の美意識を体現する少女たち」のライブを、関西に新たにつくる専用劇場から発信する計画だ。

 プロジェクトは、11~17歳の女性メンバーを公募し、日舞、茶道、殺陣(たて)、ダンス、歌などのレッスンに励みながら成長していく彼女たちの成長を見守り、応援していくというコンセプト。「ライブエンターテインメントの新しい形を目指す」としている。劇場からはネット同時配信を可能にして、世界への発信を目指す。

 記者会見で吉本興業の大崎洋社長は「かつては少女歌劇団があちこちにあり、復活させたいと思っていた」と、プロジェクトのきっかけを説明。「広井さんに会ったのは2カ月前。『ちょっと大阪や京都ブラブラしませんか』と誘い、『大阪で仕事しませんか』とお願いした。翌日からメールで『こんなプランは』『こんなキャラクターは』と、次から次へといただいて、そのスピード、強い思いに押された」という。

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1813文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです