メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CIMBクラシック

[速報]小平は通算9アンダー43位タイでフィニッシュ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

CIMBクラシック 最終日

PGAツアー第2戦 CIMBクラシック/マレーシア TPCクアラルンプール

 クアラルンプール(マレーシア)で開催されたCIMBクラシック。日本人選手は小平智が出場した。小平は2アンダー70(パー72)でプレー。通算9アンダー43位タイでフィニッシュした。

MORE:CIMBクラシックの最新スコアはここをクリック!

 小平は通算7アンダー38位タイで最終日を迎え、この日も1番ホールからスタート。2番パー4でバーディを先行させると、そこから5番パー5まで4連続バーディを奪った。7番パー4と8番パー3を連続ボギーとしたが、9番パー4でバーディを取り返し、前半を3アンダーで折り返した。

 後半に入ると、10番パー5でバーディを加えたが、14番パー4と15番パー3で再び連続ボギーを叩いた。

 結局、この日のスコアは6バーディ、4ボギーの2アンダー70。通算9アンダー43位タイで今大会を終えた。

マーク・リーシュマンが通算26アンダーまでスコアを伸ばし、ツアー4勝目を手にした Photo by Stanley Chou/Getty Images

 優勝したのはマーク・リーシュマン(豪州)。通算19アンダー首位タイで最終日を迎え、8バーディ、1ボギーの7アンダー65でプレー。通算26アンダーまでスコアを伸ばし、ツアー4勝目を手にした。

 首位と5打差の通算21アンダー2位タイに、エミリアーノ・グリロ(アルゼンチン)、チェッソン・ハドリー(米国)、ブロンソン・バーグーン(米国)の3人が並んだ。

 首位と6打差の通算20アンダー5位タイに、出場選手の中で世界ランキング最上位(4位)のジャスティン・トーマス(米国)、アブラハム・アンサー(メキシコ)、チャールズ・ハウエルⅢ(米国)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、ゲーリー・ウッドランド(米国)の5人が続いた。

 リーシュマンと並んで首位タイで最終日を迎えたシャブハンカー・シャーマ(インド)は、イーブンパー72とスコアを伸ばせず、通算19アンダー10位タイ。

 前年覇者のパット・ペレス(米国)は、通算6アンダー42位タイで最終日を迎えたが、2オーバー74とスコアを落とした。通算4アンダー63位タイだった。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです