メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ニュースペース、可能性拡大 技術革新で低価格化 旅行だけじゃない!

中東のドバイ上空を想定した人工流れ星のイメージ図=ALE提供

 宇宙を舞台にしたビジネスの担い手が次々と現れ、映画や小説などで描かれてきた宇宙旅行も、現実のものになりそうだ。「ニュースペース(新しい宇宙産業)」と呼ばれるこの分野、目が離せない。【石塚孝志】

 「やっとみんなに話せるよ。僕は月に行くことにしたんだ」。そんなSF小説のようなセリフを英語で語ったのは、ファッション販売サイトを運営する「ZOZO」の前沢友作社長だ。9月17日、ニュースペースの象徴とも言われる米ロサンゼルス近郊の宇宙ベンチャー「スペースX」本社で、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)から、開発中の大型ロケットによる月旅行初の民間人旅行客として紹介された。2023年に約1週間かけて月を周回して帰還する。前沢社長は、世界から芸術家6~8人を同行させたいと語った。

 5月に「宇宙ビジネスの衝撃」(ダイヤモンド社)を著した宇宙ビジネスコンサルタント、大貫美鈴さんは「…

この記事は有料記事です。

残り2552文字(全文2942文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 特集ワイド 衆参同日選、可能性探る 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです