メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

女性の生きづらさに迫る3作品 理解と自由の風吹く未来へ 日常の圧力、仕事の鬱屈、強制わいせつ問う

新作『大人は泣かないと思っていた』が刊行された作家、寺地はるなさん=2018年9月6日大阪市北区で、内藤麻里子撮影

 相次ぐセクハラ、入試であらわになった女子受験生差別など女性の地位はまだ弱く不安定。そんな現代社会に生きる女性たちに迫った小説2作と、漫画1作が異彩を放っている。現実を暴き出されて暗然としたり、背中を押してくれたり、作家それぞれの角度から紡いだ物語は心にいろいろな爪痕を残す。【内藤麻里子】

 寺地はるなさんの『大人は泣かないと思っていた』(集英社)は、九州の農協勤務、32歳独身男を軸に、酒席ではお酌するのが当然視される女性社員、家で夫に威張られる一方の妻ら周辺の人々との交流を描く。日常にある女性への圧力を巧みに織り込んだ。

 男性主人公にしたのは意味がある。「そうしないと、女性が受ける不当な扱いを書いても男性が自分たちの問…

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです