メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

ポップスからクラシックへ=専門編集委員・川崎浩

ビルボードクラシックスフェスティバルin Tokyo=東京文化会館で9月24日

 9月20日、東京・サントリーホールで森山良子がクラシック公演を行った。フォーク歌手としてスタートした森山は、子供時代から慣れ親しんだジャズもさることながら、あこがれだったクラシックに対してもキャリアを重ねるに従って思いが募り、2013年にアルバムを発表。今年9月初めに第2弾「Ryoko Classics 2」(ドリーミュージック)をリリースし、そのお披露目コンサートであった。演目は「私のお気に入り」「トゥモロー」などミュージカルナンバーもあるが、「乾杯の歌」「私のお父さん」「花の二重唱」など半数は純粋なクラシック曲。フルオーケストラの伴奏にファンは酔った。

 24日には東京文化会館大ホールで、「ビルボードクラシックス フェスティバル2018」が開かれた。八…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです