メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

ポップスからクラシックへ=専門編集委員・川崎浩

ビルボードクラシックスフェスティバルin Tokyo=東京文化会館で9月24日

 9月20日、東京・サントリーホールで森山良子がクラシック公演を行った。フォーク歌手としてスタートした森山は、子供時代から慣れ親しんだジャズもさることながら、あこがれだったクラシックに対してもキャリアを重ねるに従って思いが募り、2013年にアルバムを発表。今年9月初めに第2弾「Ryoko Classics 2」(ドリーミュージック)をリリースし、そのお披露目コンサートであった。演目は「私のお気に入り」「トゥモロー」などミュージカルナンバーもあるが、「乾杯の歌」「私のお父さん」「花の二重唱」など半数は純粋なクラシック曲。フルオーケストラの伴奏にファンは酔った。

 24日には東京文化会館大ホールで、「ビルボードクラシックス フェスティバル2018」が開かれた。八…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文1005文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです