メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

多様性あふれる新時代のロミオ=斉藤希史子

ジュリエット「たち」に囲まれるロミオ=写真家・篠山紀信撮影

 金森穣率いるNoism(ノイズム)が「劇的舞踊」シリーズの最新作として7~9月、本拠・新潟など4市で「ROMEO(ロミオ)&JULIETS(ジュリエッツ)」を上演した。複数の「s」が付いているようにヒロインには5人のダンサーが配され、常時ひしめき合うように踊る。鍛え抜かれた身体が5乗の強度で迫ってくるものの、むろん発話はしない。対するロミオ役はSPAC(静岡県舞台芸術センター)の俳優、武石守正。シェークスピアの独白調のせりふ(河合祥一郎訳)をとうとうと語るが、その体は車いす上にあり、動きは制限されている。

 デフォルメされた「踊り」と「語り」の恋。プロコフィエフの甘美な旋律に彩られたバルコニーの場面では、…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです