メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

芸術祭十月大歌舞伎 仁左衛門の助六に緩急=評・小玉祥子

 十八世勘三郎七回忌追善。昼夜の最後に一番の見ものがある。夜が「助六」。仁左衛門の助六は姿が良く、せりふと動きに緩急があり、恋人の揚巻(あげまき)(七之助)、兄の白酒売新兵衛(勘九郎)、母の満江(玉三郎)のそれぞれに異なる面を見せる。七之助があでやかで「悪態の初音」のせりふにテンポが出て、満江にはいたわりの思いを感じさせる。勘九郎に江戸和事らしい柔らかさがあり、歌六の意休が敵役らしさを品位を失わずに見せ、玉三郎が母の情をにじませた。児太郎の白玉、又五郎の門兵衛とそろう。

 昼が「佐倉義民伝」。白鸚の木内宗吾が最初の「渡し小屋」では歌六の甚兵衛を思いやる気持ちを端々で示し…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文804文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです