マガン

冬の使者飛来 北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
夕暮れ時、宮島沼に集まるマガンの群れ=北海道美唄市で2018年10月13日午後5時20分、貝塚太一撮影
夕暮れ時、宮島沼に集まるマガンの群れ=北海道美唄市で2018年10月13日午後5時20分、貝塚太一撮影

 北海道美唄市の宮島沼に、東北地方など越冬地へ向かうマガンの群れがシベリアから次々と飛来し、羽を休めている。

 夕暮れ時に甲高い鳴き声を上げながら沼の上空を舞う姿に、訪れた愛好家らから歓声が上がっている。

 石狩川沿いの水田地帯にある宮島沼は広さ25ヘクタールほど。ラムサール条約登録湿地で、宮島沼水鳥・…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文278文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集