特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季東北地区高校野球大会

花巻東、打撃戦制し8強 専大北上は姿消す /岩手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は14日、秋田市のこまちスタジアムなど2球場で2回戦6試合があった。県勢は、花巻東が昨年の決勝で敗れた聖光学院(福島)を終盤逆転、12-10で降して雪辱し、15日の準々決勝に駒を進めた。9年ぶりに出場した専大北上は八戸学院光星(青森)に2-9のコールドで敗れ、2回戦で姿を消した。

 15日は2球場で準々決勝4試合を予定。県勢は、盛岡大付が酒田南(山形)と、花巻東が仙台育英(宮城)とそれぞれ対戦する。【日向米華】

7点差から逆転

 <こまちスタジアム>

 ▽2回戦

花巻東

  001002270=12

  035000002=10

聖光学院(福島)

 (花)中森、西舘、古川端、松本、佐藤、中森-武田、山崎

 (聖)須藤、金沢、小賀坂-吉田修

▽三塁打 中森、中村勇(花)

▽二塁打 中村勇(花)

 花巻東が終盤の集中打で逆転し、打撃戦を制した。5点を追う七回、2死から2番・中森の適時三塁打などで2点を返し3点差に。続く八回、下位の連打や中森からの3連打など打者一巡の猛攻で大量7点を挙げ、試合をひっくり返した。投手陣は先発・中森と2番手・西舘がともに4連打を浴びるなど序盤で大量失点したが、控えの1年生らが粘りの投球で反撃につなげた。

3人継投実らず

 ▽同

八戸学院光星(青森)

  00321003=9

  00100001=2

専大北上

 (八回コールド)

 (八)下山、山田-太山

 (専)高橋、斎藤、柴田-川村

▽三塁打 島袋、太山(八)

▽二塁打 下山、近藤(八)

 専大北上は右の主戦・斎藤ら3人による継投策が実らず、完敗した。県大会で登板のなかった1年生の高橋に先発マウンドを託したが、三回2死から相手上位打線に3連打を浴びて3失点。四回から救援した2番手の斎藤も下位打線に痛打されるなどして6失点と粘れず、試合の流れを相手に渡してしまった。


 ■球詩

逆転打を放ちリベンジ 花巻東(2年) 中森至投手

 1点差に迫った八回1死二、三塁で、打順が回ってきた。先発で6失点し、三回途中で降板した背番号8のエース左腕。「打撃で取り返すしかない」。外角高めの直球を振り抜くと左翼へ抜け、ガッツポーズをしながら雄たけびをあげた。2点適時打となり、チームは9-8と逆転した。

 聖光学院は、昨年の決勝で終盤突き放されて敗れた因縁の相手。1年生の自身も1番・中堅手で出場したが、決勝は5打数無安打に終わり、この一戦に雪辱を期していた。「自分たちの『つなぐ野球』をできれば、必ず勝てる」。大量失点した後も、厳しい試合を何度も乗り越えてきた先輩たちの姿を思い出し、そう信じ続けた。

 走者二、三塁を想定した実践練習は特に力を入れてきたことだ。八回の打席はその努力が実を結び、この試合は5打数4安打4打点と打撃で気を吐いた。

 「次も簡単ではないと思うが、どんな形でもいいから勝ちたい」。声に力を込め、投手での活躍を誓った。【日向米華】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする