特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季東北地区高校野球大会

秋田修英、大勝8強 横手は姿消す /秋田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は14日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で2回戦計6試合を行い、8強が出そろった。

 県勢は第1代表の秋田修英が大崎中央(宮城第3)と対戦。先制を許したが、その後着実に加点しコールド勝ちを収めた。第2代表の横手は羽黒(山形第2)と対戦。大量失点を許し、6-14で敗れた。

 15日は準々決勝計4試合が行われる。県勢は秋田修英が古川(宮城第2)と4強入りをかけて対戦する。【高野裕士、滝沢一誠】

先発西岡が好投

 <さきがけ八橋球場>

 ▽2回戦

大崎中央(宮城)

  1000000=1

  030303×=9

秋田修英

 (七回コールド)

 (大)斎藤、大滝、氏家-五十嵐

 (秋)西岡-山内

▽三塁打 星野(大)佐々木(秋)

 秋田修英は二回、菅の2点適時内野安打で勝ち越し。四回には佐々木の2点適時三塁打などで3点を追加し、突き放した。投げては先発の西岡が被安打1、自責点1の好投。大崎中央は初回に先制したが、二回以降は無安打に終わった。

投手陣が粘れず

 <さきがけ八橋球場>

 ▽2回戦

羽黒(山形)

  313200302=14

  020101200=6

横手

 (羽)篠田-本田旭

 (横)原、渡辺、高橋藍、古村-細川

▽本塁打 山田(羽)

▽二塁打 中島3、篠田、鈴木2(羽)小原、藤井2(横)

 羽黒が21安打で14得点を挙げた。初回に篠田の2点適時二塁打などで3点を先制。その後も着実に加点した。横手は8点を追う七回、戸沢の右前適時打などで2点を返したが、投手陣が粘れなかった。


 ■白球譜

3打点挙げ奮闘 横手2年・藤井辰磨外野手

 8点を追う九回裏2死一、二塁。内角高めの直球を振り抜いたが、二飛になりゲームセット。試合後、「自分がヒットを打っていたら、もしかして試合の流れが変わっていたかもしれないのに……」と唇をかんだ。

 この日は押切信人監督の指示で、狙い球を直球に絞った。作戦が奏功し、1打席目から3打席目まで全てで適時打を放ち、3打点を挙げた。押切監督が「思い切りのいいスイングが持ち味」と語るように、勝負強さを発揮した。

 だが4打席目の七回。相手バッテリーが変化球から入る配球に組み替えてきた。外角高めの直球を見送り、三振に。

 チームは投手陣が打ち込まれて失点を重ねた。「この悔しさを忘れず成長したい。来夏には甲子園に出場して勝てるようになりたい」。新たな目標を掲げ、自らを奮い立たせた。【高野裕士】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする