メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 甲状腺検査、関東圏延べ8639人 「要専門医」判定41人 市民団体実施 /茨城

 東京電力福島第1原発事故による健康影響を懸念し、関東圏で独自に甲状腺検査を続ける市民団体「関東子ども健康調査支援基金」(事務局・守谷市)が14日、5年間の検査結果を発表した。事故当時18歳以下の延べ8639人に超音波(エコー)検査を実施し、結節(しこり)の大きさなどから、病院での詳細検査を勧めたのは延べ41人に上った。【安味伸一】

 同基金の検査は、福島県が実施する甲状腺検査とほぼ同様、結節やのう胞(液体がたまった袋のようなもの)…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1155文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです