メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
’18記者リポート

いちほまれ 販促3億円、効果じわり /福井

宿泊先のホテルでいちほまれを食べる国体出場選手たち=福井市順化1の福井パレスホテルで、大森治幸撮影

 ブランド米・コシヒカリ発祥の福井県がその後継と位置づける「いちほまれ」を開発し、今秋、本格販売が始まった。政府による減反政策の転換に伴い、今年は富山県の「富富富(ふふふ)」や宮城県の「だて正夢」など“同期デビュー”のライバルが多く、福井の関係者はPRに躍起だ。【大森治幸】

 ■国体を好機に

 「お米の粒感ともっちり感がほどよくて、カレーにも負けない存在感がありますね」。1日夜、福井市内のホテル。艶やかに炊かれたいちほまれをスプーンですくい上げ、相生学院高校(兵庫県相生市)3年の阿多竜也さん(18)が頬張った。

 阿多さんはテニス選手。福井には9日に閉幕した国体に出場するために訪れた。13日に開幕した全国障害者…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1284文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです