メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

自然保育のパイオニア 内田幸一さん(64)=飯田市 /長野

子どもの主体性引き出す

 森、林など野外活動を中心とし、幼児の主体性や創造力が育ちやすいとされる北欧発祥の自然保育。1983年に飯綱高原の自然を生かした幼児教室を開園し、国内の先駆者として知られる。花や木の実、虫、動物、水たまり。園舎内に比べ、野外は発見、不思議があふれる。「大人の指示ではなく、子ども自ら行動し、主体性が育ちやすい。山歩きで体力がつくし、自然の知識も身につく」と語る。

 東京都出身。中学時代、一眼レフカメラを父親に買ってもらい、写真にのめり込んだ。大学時代は子どもをテ…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文847文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです