メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

「甘味処 柴ふく」代表 林美知子さん /愛知

 名古屋市中区の地下鉄東別院駅からほど近い住宅街にある築120年ほどの古民家では、夏が訪れて気温が上昇するとともに行列が伸びる。古民家を改装して2009年にオープンしたかき氷が人気の「甘味処 柴ふく」の代表として、一人で厨房を切り盛りしている。「細々とやれればと思っていたので行列ができる店になって驚いている。夕方には店を閉めないと翌日の仕込みが間に合わない」とうれしい悲鳴を上げる。

 元から営んできた印鑑や骨董(こっとう)品の販売は今も続けており、レトロな雰囲気が漂う。店内の棚には貴重な骨董品が並び、照明も高価なアンティークだ。印鑑や骨董品の販売は常連客が中心のため、店舗を構えていなくても商売が成り立つ。店舗のスペースを別のことに活用できないかと思い立ったのは59歳の時。「地元の人が集まってゆっくり談笑できるような場所をつくりたかった。カフェを始めるにはもう若くないけど、甘味…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです