特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

府予選 履正社、5年ぶりV 大阪桐蔭、連覇阻まれる /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【履正社-大阪桐蔭】優勝を喜ぶ履正社の選手たち=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで、加藤佑輔撮影 拡大
【履正社-大阪桐蔭】優勝を喜ぶ履正社の選手たち=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで、加藤佑輔撮影

 秋季近畿地区高校野球大会府予選(府高野連主催)の決勝と3位決定戦が14日、大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムであった。決勝で履正社は5-2で大阪桐蔭を降し、5年ぶり5回目の優勝を果たした。大阪桐蔭は今年、甲子園で史上初の2回目の春夏連覇を遂げるなど旧チームから公式戦36連勝だったが、府予選の連覇も阻まれた。

 3位決定戦では、大阪偕星学園が3-2で大商大堺にサヨナラ勝ち。上位3校は、来春のセンバツの重要な参考資料となる近畿地区大会に出場する。大会は20日から神戸市の「ほっともっとフィールド神戸」で開幕する。【加藤佑輔】

 ▽決勝

履正社

  302000000=5

  001001000=2

大阪桐蔭

 履正社は一回、先頭の桃谷が二塁打、池田の犠打で進め、小深田の適時打で先制。その後も野口の2点適時打で計3点を奪った。三回にも小深田の2点本塁打で突き放した。大阪桐蔭は打線につながりを欠いた。

大阪偕星学園も「近畿」へ 3位決定戦

 ▽3位決定戦

大商大堺

  200000000=2

  001000011=3

大阪偕星学園

【大商大堺-大阪偕星学園】九回裏2死一、二塁、サヨナラの左越え適時打を放った坪井=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで、加藤佑輔撮影 拡大
【大商大堺-大阪偕星学園】九回裏2死一、二塁、サヨナラの左越え適時打を放った坪井=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで、加藤佑輔撮影

 大阪偕星学園が粘りのサヨナラ勝ち。1点を追う八回2死三塁、代打・吉村の適時打で追い付き、九回2死一、二塁、坪井が適時打を放った。大商大堺は一回、相手守備の乱れに犠打飛を絡めて先制したが、その後は坪井の好投に抑えられた。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする