メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

里山に観光客呼び込め 柳生や月ケ瀬で 奈良市、旅行会社と連携 農作業や祭り体験 /奈良

奈良市東部で2017年に開催された稲刈りの体験イベント=奈良市提供

 奈良市は豊かな自然が残る市東部地域で宿泊客を増やすため旅行会社と連携して新たなプロジェクトを始めた。農作業や地域の催しが体験できる地域内の施設を「さとやま民泊」としてPRし、国内外から観光客を呼び込む狙いだ。【中津成美】

 市東部地域は、標高200~600メートルのなだらかな地形が広がる大和高原の北部に位置する。田原、柳生、大柳生、東里、狭川、月ケ瀬、都祁の7地区があり、農業が盛んだが、過疎高齢化が課題になっている。

 剣術・柳生新陰流で知られる柳生家の菩提(ぼだい)寺・芳徳寺や、仏師・運慶の最初期作「大日如来坐像(…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  4. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです