メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

その夜、川端康成は…

[PR]

 その夜、川端康成は家の書斎に一人閉じこもっていた。座敷や茶の間に顔を出せば、報道陣から写真を撮られ続けるうえ、質問攻めに遭うからだ。1968年10月17日、ノーベル文学賞発表の日のことだった▲気持ちを落ち着かせるためか、川端は一句したためている。<秋の野に鈴鳴らし行く人見えず>。巡礼の鈴の音が秋の野に聞こえるけれど、その巡礼の姿は見えない。言葉遊びだ。「野」(の)と「鈴」(ベル)で「ノオベル」。吉報は届いた▲あれから50年後のノーベル賞を期待された村上春樹さんだったが、今年は世界のどの作家にも吉報のベルが鳴ることはない。選考するスウェーデン・アカデミーのメンバーの夫によるセクハラや情報漏えい疑惑の影響である▲権威が落ちるのは避けられない文学賞ではあるが、来年こそはと期待してしまう。当時、川端は「この賞を受けていい作家は日本にもちろんいく人もいる」と書き、こう詠んだ。<先づ一羽鶴渡り来る空の秋>。大江健三郎さん以来の3羽目の鶴はいつ飛び立つか▲賞はさておき、読書人口の減少が心配だ。それでも書店にカフェを併設したり、催しを開いたりして客を呼び込む所もある。本の紹介や陳列に工夫を凝らす図書館も増えてきた▲川端はストックホルムの授賞式で「美しい日本の私」と題して講演した。その中で道元(どうげん)の歌を引き、日本の美意識を紹介した。<春は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえて冷(すず)しかりけり>。読書の秋。日本人が灯火親しむ季節だ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

    2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

    3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

    4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

    5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです