メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

ムーアが撮ったもの=山田孝男

 マイケル・ムーア監督の新作「華氏(かし)119」は、トランプ大統領誕生に至る米国民の、政治不信の底流を捉えた映画である。

 日本での公開前に試写を見た。反共和党の政治活動家であるムーアが、大統領をやっつける--という単純な話ではない。

 重要な主題の一つは<拝金主義>である。政党を問わず、巨額の政治資金を集めて<貴族化>した既成政治家。その腐敗、偽善に対する怒りが常識外の新政権をつくった。その流れを確かめるドキュメンタリー作品になっている。

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです