メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潮45

寄稿「差別的」 「新潮」編集長が見解明確に

「新潮」11月号の「編集後記」

 月刊誌「新潮45」の特集が性的少数者(LGBTなど)に差別的だと反発を受け休刊が決まった問題で、同じ新潮社(東京都新宿区)が発行する文芸誌「新潮」11月号(6日発売)が、「45」を批判する異例の文章を掲載した。矢野優編集長名による編集後記で、「45」の寄稿のどの部分が「差別的」であったのかなどについて見解を示した。同社の象徴ともいえる老舗文芸誌としての立ち位置を明確に表した形だ。

 これまで同社は佐藤隆信社長の声明や伊藤幸人・広報担当役員の取材対応の中で、「45」の特集のどの部分が問題なのかを明示しなかった。今回は、文芸評論家の小川栄太郎氏によるLGBTと痴漢を対比して痴漢の苦しみが深いという寄稿の一部を明記し「蔑視に満ち、認識不足としか言いようのない差別的表現だ」と踏み込んだ。さらに「想像力と差別は根底でつながり、想像力が生み出す文芸には差別や反差別の芽が常に存在している…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです