メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフラッシュ

グッドデザイン賞発表

2018年度グッドデザイン賞の発表会で総評を語る柴田文江審査委員長=東京都港区の東京ミッドタウンで2018年10月3日、野島康祐撮影

 すぐれたデザインを顕彰する2018年度グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会主催)が3日、東京都港区の東京ミッドタウンで発表された。審査対象は1998年の事業民営化後最多の4789件で、うち1353件(945企業)が選ばれた。この中から審査委員らの投票で31日、グッドデザイン大賞を決定する。

 グッドデザイン賞は57年に始まった旧通産省(現経済産業省)の「グッドデザイン商品選定制度」(Gマーク制度)が母体。エレクトロニクス製品や日用雑貨、建築物など幅広い領域のデザインを評価し、社会への還元を目指している。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです