メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

残業ゼロへの挑戦/1 異常な価値観から抜け出せ

3年前の年の瀬の午後、焼き肉店で開かれたユーワークスの忘年会。子育て中の社員も多く、全員が集まる会を夜に開くことはなくなった=東京都文京区で2015年12月18日、同社提供

 <くらしナビ・ライフスタイル>

震災でも納期死守

 転機は、けんか別れに終わった1本の電話だった。

 「カネは要らない。その代わり、御社とは金輪際、仕事をしません」

 東日本大震災から3日後の2011年3月14日の朝。ITシステム開発会社「ユーワークス」(東京都文京区)の社長、吉本英治さん(38)は下請け参加していたショッピングサイト開発事業を巡る顧客に、自社の担当社員を少し休ませたいと伝えた。「福島の実家と連絡が取れない。帰省したい」。社員から相談を受け、社長自らの直談判だった。だが、回答はノー。「納期は死守してもらわないと、お金は払えない」。その言葉に怒りが爆発した。大手物流グループ企業に属する顧客に対し、当時のユーワークスは、何かあればすぐ赤字に転落するような零細。しかも、4次請けという多重下請け構造の「最下層」にいた。

 「社長の僕が社員に許可した休みを顧客が拒否し、(震災で)世の中が明日どうなるか分からない状況でも、…

この記事は有料記事です。

残り2046文字(全文2461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです