メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 横浜・南吉田小の運動会/3 放送で触れる母語

運動場で多言語放送の練習をする子どもたち。アナウンスの上達が遅れているため、ボランティアがサポートに入った=横浜市南区で

 <kyoiku no mado>

 外国につながる子どもが過半数を占める横浜市立南吉田小学校(南区)の運動会には、他校にない6カ国語による「多言語放送」がある。外国語を話す4年生以上の子どもが母語を使い、競技の説明などに挑戦する。

 10月9日の放課後。3階の国際教室をのぞくと、さまざまな言語を練習する子どもたちの姿があった。「これから、MYキッズ・スポーツフェスティバル2018を始めます!」。日本語での運動会開会宣言の後、中国語、英語、韓国語、タガログ語、タイ語での開会宣言が続く。個人差はあるが、子どもたちは日本で暮らすうちに母語との関わりが少しずつ減る。

 藤本哲夫校長(63)は2012年に着任後、日本語の授業についていけず学校に通えなくなったり、日本語…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1113文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです