メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 横浜・南吉田小の運動会/3 放送で触れる母語

運動場で多言語放送の練習をする子どもたち。アナウンスの上達が遅れているため、ボランティアがサポートに入った=横浜市南区で

 <kyoiku no mado>

 外国につながる子どもが過半数を占める横浜市立南吉田小学校(南区)の運動会には、他校にない6カ国語による「多言語放送」がある。外国語を話す4年生以上の子どもが母語を使い、競技の説明などに挑戦する。

 10月9日の放課後。3階の国際教室をのぞくと、さまざまな言語を練習する子どもたちの姿があった。「これから、MYキッズ・スポーツフェスティバル2018を始めます!」。日本語での運動会開会宣言の後、中国語、英語、韓国語、タガログ語、タイ語での開会宣言が続く。個人差はあるが、子どもたちは日本で暮らすうちに母語との関わりが少しずつ減る。

 藤本哲夫校長(63)は2012年に着任後、日本語の授業についていけず学校に通えなくなったり、日本語…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです