メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・それホント?

高齢者3人に1人が膝腰痛 歩き方意識し軽減

歩き姿の美しさ・健康度を評価する計測器「ミラーウォーク」を試す参加者=東京都千代田区で

 「高齢者の3人に1人は腰痛や膝痛」。最近の大規模な調査でこうした実態が明らかになっている。膝痛、腰痛を予防・治療しようとさまざまな試みが始まっている。

 厚生労働省研究班が2013年、全国の八つの追跡調査をまとめた高齢者中心の1万2000人の分析では、膝痛の割合は32・7%(男性27・9%、女性35・1%)、腰痛は37・7%(男性34・2%、女性39・4%)。この有病率を10年度国勢調査の性・年齢人口比率に当てはめると、膝痛は1800万人、腰痛は2770万人にも上ると推計している。高齢者の生活機能を低下させ、バランスを崩して転倒し、骨折につながりかねない。

 国民生活基礎調査(13年)によると、65歳以上で要介護になった理由では膝腰痛の原因でもある「関節疾患」(11%)、「骨折・転倒」(12・2%)を合わせた運動器障害が主因の一つになっている。

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです