メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

自衛隊が撤収 災害派遣

活動を終えた陸上自衛隊員を手を振って見送る住民たち=北海道厚真町京町で2018年10月14日午後4時17分、福島英博撮影

 北海道からの災害派遣要請を受け、胆振地方を震源とする最大震度7の地震直後から厚真町などで人命救助、給食・入浴支援などを続けてきた陸上自衛隊第7師団と航空自衛隊第2航空団(いずれも千歳市)が14日、現地の活動を終えて撤収した。

     第7師団によると、派遣は地震が発生した9月6日から39日間。被災地での行方不明者の捜索活動に取り組んだほか、厚真、むかわ、安平の3町で約14万食を提供し、給水支援も実施した。避難者が減少し、各町で食事の提供が可能になったことから、この日で支援活動を終了した。

     14日時点でも118人が避難生活を送る厚真町総合福祉センター前に整列した隊員に対し、町民約100人が「ありがとう」と口々に声を掛け、帰隊する隊員を見送った。【福島英博】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
    2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
    3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
    4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
    5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです