メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

「なおみ特需」レッスン体験や関連グッズ好調

大坂なおみ選手=藤井太郎撮影

 先月、テニスの全米オープン女子シングルスで、大坂なおみ選手(20)が日本選手として初めて4大大会を制し、出身地・大阪のテニススクールではレッスンの体験を希望する子どもらが急増している。快挙から1カ月あまり。ラケットなどの関連グッズの売れ行きも好調で、「なおみ特需」に沸いている。

 大阪市西区にあるITC靱(うつぼ)テニスセンター。「体験レッスンは定員オーバーでキャンセル待ちの日もある」。運営団体のサブマネジャー、中村久仁子さん(44)はこう話す。大坂選手は米国に移住する3歳まで、ここに家族と練習に訪れていた。9月8日(日本時間9日)の優勝直後から、普段は1日数件のスクールへの問い合わせが「3倍ぐらい増えている」(中村さん)。20本近い電話がかかってきた日もあったという。

 近所の植村夏美ちゃん(5)も来月、体験レッスンに参加予定だ。大坂選手のニュースを自宅で見た途端、「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです