メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

阪神次期監督、矢野氏が受諾

プロ野球・阪神の次期監督就任が決まった矢野燿大・2軍監督=兵庫県西宮市で2018年10月15日午後1時31分、小松雄介撮影

 プロ野球・阪神の次期監督就任を要請されていた矢野燿大(あきひろ)2軍監督が15日、兵庫県西宮市内の球団事務所で揚塩健治球団社長と3度目の会談を行い、就任受諾を伝えた。矢野2軍監督は会談後に取材に応じ、「時間をもらったが、やらせてもらうことに決めました」と述べた。契約は複数年になるとみられ、近く就任会見を開く。

 今季リーグ最下位となった阪神は、11日に金本知憲監督が引責辞任を発表。急きょ人選を迫られた球団は今季、12年ぶりにファーム日本一に導いた矢野2軍監督の手腕を買い、後任への就任を要請していた。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです