メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

清水が優勝…女子形 プレミアリーグ

女子形で優勝した清水希容=東京都足立区の東京武道館で2018年10月14日、渡部直樹撮影

 空手の国際大会「プレミアリーグ」の今季最終戦となる東京大会は最終日の14日、東京武道館で男女の組手10階級と形の決勝が行われた。女子形は世界選手権2連覇の清水希容(ミキハウス)が優勝。男子形も世界選手権2連覇の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が制した。

 男子組手は84キロ超級の香川幸允(テアトルアカデミー)が制覇。女子組手は50キロ級で2016年世界選手権準優勝の宮原美穂(帝京大)、55キロ級の中村しおり(エス・ピー・ネットワーク)が頂点に立った。16年世界選手権を制した68キロ超級の植草歩(JAL)は世界ランク22位のフランス選手に敗れた。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです