連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者団の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=首相官邸で、梅村直承撮影
記者団の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=首相官邸で、梅村直承撮影

 組織のトップが責任を取る。この常識が安倍晋三内閣にはないらしい。第4次改造内閣を「全員野球内閣」とアピールし、決裁文書の改ざん、事務次官のセクハラ問題などエラーを重ねた麻生太郎副総理兼財務相を「不動のレギュラー」として起用し続ける。その采配にブーイングが鳴りやまない。【庄司哲也】

 「政権に都合の悪い証拠や記録は改ざんし、破棄していいというような誤ったメッセージを官僚らに発することになります。それは民主主義の根幹を崩し、主権者である国民に対する背信行為です」。留任に対し、神戸学院大の上脇博之教授(憲法学)は手厳しい評価を下す。

 上脇さんは「森友学園」への国有地売却に関する交渉記録が廃棄されていた問題で、佐川宣寿・前国税庁長官らを公用文書毀棄(きき)容疑で大阪地検に告発。また、同地検が5月に決定した、佐川氏の不起訴処分を不服として検察審査会に審査を申し立てている。

この記事は有料記事です。

残り2447文字(全文2833文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集