特集

ニュース&トピックス

クラシック界のニュースや、音楽家のインタビューなどを紹介します。

特集一覧

読書日記

著者のことば 川上昌裕さん 確信に基づく音の造形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
川上昌裕さん
川上昌裕さん

 ■カプースチン ピアノ音楽の新たな扉を開く 川上昌裕(かわかみ・まさひろ)さん ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス・2376円

 ソナタや組曲といった伝統的な形式にのっとりながら、ジャズやロックの響きがあふれるニコライ・カプースチン氏(1937年生まれ)の音楽は近年、急速にファンを増やしつつある。そんな中、待望の一冊が出版された。

 著者は、このロシアの現代作曲家の創作を20年近く紹介してきたピアニスト。「世界初のカプースチン入門書」には、作曲家の人生や音楽の特徴などが分かりやすく解説されている。「弾き方を教えてほしいとの要望が多く、誰か本を書いてくれないかと思っていました。ところが、全く気配がありません。そこで私が筆を執ることになりました」

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文929文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする