連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

二刀流その後

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 14年前に二刀流の投手を取材した。社会人野球のクラブチーム、かみかわクラブ(埼玉)に所属する徳世(とくせ)忠司さん、当時46歳。春夏は硬式、秋は軟式に取り組む二刀流だった。

 その徳世さんが勇退する。かみかわクラブの監督兼投手として現役を続けていたが、選手不足などからクラブは今季いっぱいで活動休止。「還暦だしキリもいいか」と決断した。

 硬軟の二刀流は「3年間ぐらい」。2004年に地元・埼玉で開催された国体で「(軟式で行われる)成年男子野球に選手として参加して」と頼まれたのがきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文432文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集