メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR福知山線脱線

事故追究、仲間の自殺苦しみ 「代理受傷」出口探して 兵庫・多可の夫妻、手記「ふたつの鼓動」出版

小椋聡さん(左)と朋子さんは今、自然に囲まれた生活を楽しんでいる=兵庫県多可町で2018年8月、生野由佳撮影

 JR福知山線脱線事故(2005年)で重傷を負った兵庫県多可町のイラストレーター、小椋聡さん(49)が、妻朋子さん(50)とともに手記を出版した。朋子さんは、ケアする支援者が被害者と同じような心の傷を負ってしまう「代理受傷」に苦しむ。事故から13年半。夫妻は「苦難の中におり、出口がないと感じている人が『まだ、あきらめなくていいんだ』と思ってもらえれば」と話している。【生野由佳】

 当時住んでいた同県西宮市から大阪の出版社に出勤中だった小椋さんはあの日、マンションに突っ込んだ2両…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです