メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都道府県魅力度ランキング

「茨城」また最下位 6年連続 知事「宝探し気分で来県を」 /茨城

 民間調査会社「ブランド総合研究所」(東京都港区)による「地域ブランド調査」の結果が15日発表され、47都道府県の「魅力度ランキング」で茨城県は6年連続の最下位となった。大井川和彦知事は「施策は4月に本格始動したばかりだ。順位に一喜一憂せず、魅力を増やす施策を続けていく」と話した。

 調査は2006年に始まり、09年から毎年都道府県ランキングを発表している。今回は6、7月にインターネットで、魅力度のほか観光や居住の意欲など計110項目について選択式で尋ねた。全国の20~70代の男女3万24人が回答し、点数化した。魅力度ランキング1位は10年連続で北海道だった。一方、下位は44位が同点で栃木県と佐賀県、46位が徳島県だった。

 毎日新聞の取材に対して、同社の田中章雄社長は「茨城は魅力の発信がうまくできていない」と話した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです