社会人野球

JABA県野球連盟会長杯 JR東海がV /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 社会人野球の第16回JABA県野球連盟会長杯争奪大会(毎日新聞社など後援)は15日、豊田市のトヨタスポーツセンターで準決勝と決勝が行われ、決勝はJR東海が東邦ガスを5-2で破り、2年ぶり3回目の優勝を果たした。JR東海は一回、津川の左前適時打などで3点を先制、五回にも追加点を挙げるなど終始試合を優位に進めた。最優秀選手賞は若林篤志投手(JR東海)が選ばれ、敢闘賞には屋宜駿杜投手(東邦ガス)、首位打者賞には池田樹哉内野手(JR…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい