メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合
号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合
ニュース&トピックス

和歌山市民オペラ協会会長 多田佳世子さん 舞台で輝き半世紀 /和歌山

ホールで歌声を披露する和歌山市民オペラ協会会長の多田佳世子さん=和歌山市伝法橋南ノ丁の和歌山市民会館で、黒川晋史撮影

多田佳世子さん(79)

 県内の声楽家らでつくる「和歌山市民オペラ協会」の会長を務める。和歌山オペラのパイオニアとして長らく活躍し、今は舞台の企画や市民向けの声楽指導に励んでいる。8月19日には、源氏物語を題材とした創作オペラ「末摘花(すえつむはな)」を和歌山市民会館で披露。源氏を待ち続ける女官や周囲の人々を描き、約500人の観衆をくぎ付けにした。終幕後にプロデューサーとして舞台に上がると、誰よりも大きな拍手を浴びた。

 幼いころから歌が好きだった。和歌山市内の家では父がマンドリンを弾き、母は童謡を口ずさんでいた。「初…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです