メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県西部地震

「今も同じ分布で余震」 1000カ所観測継続 研究グループ報告 /鳥取

共同研究の成果が披露された地震防災講演会=鳥取県米子市末広町で、横井信洋撮影

 2000年10月に発生した鳥取県西部地震(マグニチュード7・3)の震源域を中心に鳥取、島根、岡山3県に1キロ間隔で1000カ所に地震計を設置し、観測を続けてきた京大、鳥取大などによる「地殻ダイナミクス研究グループ」が14日、米子市内で研究成果の報告を兼ねた地震防災講演会を開いた。地震学や地質学の研究者5人が山陰地方で発生する地震のメカニズムや防災などを解説した。

 3県の半径17キロの範囲に集中して地震計を設置することで、地下10キロの4畳半~6畳の範囲で断層が…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです