東京・目黒の5歳虐待死

虐待緊急度の評価シート作成徹底 知事、児相の職員増も検討 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 善通寺市に住んでいた船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が東京都目黒区に転居後、両親の虐待を受けて死亡した事件で、県の児童相談所が虐待の緊急度を評価する「リスクアセスメントシート」を作っていなかったことについて、浜田恵造知事は15日の定例記者会見で「ルール違反ではないが、不十分な対応だった」と述べ、シートの作成を徹底し…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集