メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分子科学国際学術賞

内藤・愛媛大教授が受賞 「地道な作業にヒント」 有機物に伝導性や磁性を与える研究 /愛媛

「失敗の中にもヒントがあり、試行錯誤は不可欠」と受賞を励みにする愛媛大の内藤俊雄教授=松山市文京町の同大で、松倉展人撮影

 愛媛大大学院の内藤俊雄教授(54)=環境機能科学=が「第3回分子科学国際学術賞」を受賞した。本来は電流が流れず、磁場にも応答しない有機物に紫外線を当てるだけで瞬時に電気伝導性、磁性を示す物質の開発に成功したことが高く評価された。内藤さんは「先入観なしによく調べ、比べ、考えることで予想以上の結果が得られる」と、さらに先駆的な分野へ挑む。【松倉展人】

 受賞研究は「光照射を使った伝導性・磁性制御法の開発」。賞は日本の物理・化学にまたがる研究者を中心に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです