メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分子科学国際学術賞

内藤・愛媛大教授が受賞 「地道な作業にヒント」 有機物に伝導性や磁性を与える研究 /愛媛

「失敗の中にもヒントがあり、試行錯誤は不可欠」と受賞を励みにする愛媛大の内藤俊雄教授=松山市文京町の同大で、松倉展人撮影

 愛媛大大学院の内藤俊雄教授(54)=環境機能科学=が「第3回分子科学国際学術賞」を受賞した。本来は電流が流れず、磁場にも応答しない有機物に紫外線を当てるだけで瞬時に電気伝導性、磁性を示す物質の開発に成功したことが高く評価された。内藤さんは「先入観なしによく調べ、比べ、考えることで予想以上の結果が得られる」と、さらに先駆的な分野へ挑む。【松倉展人】

 受賞研究は「光照射を使った伝導性・磁性制御法の開発」。賞は日本の物理・化学にまたがる研究者を中心に…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文794文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです