メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学部不正入試

昭和大、現役・1浪に加点 調査書評価

医学部の入試で不正が行われたことについて記者会見で謝罪する昭和大の小出良平学長(左)と小川良雄医学部長=東京都品川区で2018年10月15日午後5時34分、渡部直樹撮影

 昭和大は15日、東京都品川区の同大本部で記者会見を開き、2013年以降の医学部一般入試2次試験の調査書評価で、現役と1浪の受験生に一律に加点する得点操作をしていたと発表した。また、補欠者のうち同窓生の親族計19人を優先的に合格させていたことも明らかにした。募集要項に明示しておらず、文部科学省は厳正に対処する見通し。

 同大によると、医学部の一般入試は1期と2期の計2回あり、いずれも英語、数学、理科の1次試験(計40…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1015文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです