メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度補正予算案

9356億円閣議決定 公立全17万教室にエアコン

 政府は15日、総額9356億円の2018年度補正予算案を閣議決定した。全国の公立小中学校、幼稚園、特別支援学校のすべての普通教室17万室を対象にエアコンを設置するための費用として822億円を計上。子どもの熱中症対策を喫緊の重要課題に位置づけ、来夏までの設置完了を目指す。今夏以降相次いだ自然災害からの復旧・復興には7275億円を計上した。補正予算案は今月下旬開会の臨時国会に提出し、早期成立を目指す。

 学校の緊急安全対策はエアコン設置の他に、倒壊の危険性のあるブロック塀の改修・撤去費用として259億…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです