メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度補正予算案

9356億円閣議決定 公立全17万教室にエアコン

 政府は15日、総額9356億円の2018年度補正予算案を閣議決定した。全国の公立小中学校、幼稚園、特別支援学校のすべての普通教室17万室を対象にエアコンを設置するための費用として822億円を計上。子どもの熱中症対策を喫緊の重要課題に位置づけ、来夏までの設置完了を目指す。今夏以降相次いだ自然災害からの復旧・復興には7275億円を計上した。補正予算案は今月下旬開会の臨時国会に提出し、早期成立を目指す。

 学校の緊急安全対策はエアコン設置の他に、倒壊の危険性のあるブロック塀の改修・撤去費用として259億円を計上した。自然災害への対応では、西日本豪雨に5034億円▽北海道胆振地方の地震に1188億円▽台風21号、大阪北部地震などに1053億円--を計上。災害廃棄物の撤去や被災した中小企業、農家の経営支援などに充てる。このほか、18年度当初予算で積んでいた予備費を1000億円追加計上した。自然災害への…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです