メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者失踪 米国務長官、派遣へ 国王、改めて関与否定

カショギ氏=AP

 【ワシントン会川晴之、エルサレム高橋宗男】トランプ米大統領は15日、トルコにあるサウジアラビア総領事館でサウジの反体制派ジャーナリストが消息を絶った事件について、サウジのサルマン国王と電話協議した。国王側は改めて事件への関与を否定したという。トランプ氏は事態打開のためポンペオ国務長官をサウジに派遣する。ツイッターを通じて公表した。

 一方、トルコとサウジの合同捜査チームが総領事館を15日午後に捜索すると、トルコ外交筋がロイター通信に明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  4. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  5. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです