メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

里の秋=玉木研二

 <ka-ron>

 災害地の人々を、地域のラジオ局がきめ細かな情報発信や温かい語り、音楽で励ます。北海道の地震でも見られた。東日本大震災での活躍も記憶に新しい。

 敗戦直後にはラジオから流れた一曲の童謡「里の秋」が疲弊した人々の心に染みた。

 「静かな 静かな」で始まるこの歌は、子が母と2人、秋の夜にクリの実をいろりで煮ながら遠い父を思う。

 澄明な曲調とともに農村の秋を情緒豊かに歌い上げた詞として親しまれるようだ。だが元は日米開戦時、子が…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 福岡・天神ビブレが来年2月閉店 「天神コア」「福岡ビル」合わせ再開発

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです