メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

改憲人事「調整役」不在 首相側近起用 野党冷ややか

 自民党は、憲法改正に関する人事を安倍晋三首相の側近議員で固める方針だ。15日、党内を主導する憲法改正推進本部長に下村博文元文部科学相が就任。新藤義孝元総務相が衆院憲法審査会の与党筆頭幹事に内定した。改憲論議を加速させる「強硬路線」とも映るが、長く公明党や野党との調整役を務めてきたベテラン憲法族が主流から外され、前のめりの自民が秋の臨時国会で孤立する可能性もある。【田中裕之、小田中大】

 「党の条文案が国会の憲法審で俎上(そじょう)に載るようにしっかり汗をかきたい」。下村氏は15日、記者団にこう語り、自衛隊の明記など4項目の自民党条文案を、臨時国会で提示することに意欲を示した。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  2. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです