メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者失踪 欧米と緊張 トランプ氏「政府関与なら厳罰」

 【ワシントン会川晴之】サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏(59)がトルコのサウジ総領事館で2日以後、行方不明になった事件をめぐり欧米諸国とサウジの間で緊張が高まっている。トランプ米大統領は14日放映のCBS放送のインタビューで、サウジ政府が事件に関与していた場合は「厳しい処罰が科されるだろう」と明言、サウジはこれに強く反発している。

 ただトランプ氏は、サウジが多額の武器購入を約束している点にも言及、国内の雇用維持を優先する考えを示…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文624文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです