メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シーテックジャパン

きょう開幕 IoT、未来の生活一変 顔色分析、サラダ提案 歯磨き情報、歯科転送

シーテックジャパンに初参加のローソン。将来的にAIを搭載したバーチャルな店員(左)が顧客情報と健康状態からおすすめのサラダなどを提供することを目指す=千葉市の幕張メッセで2018年10月15日、竹内紀臣撮影

 アジア最大級の家電や情報技術(IT)の展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン2018」が16日、千葉市の幕張メッセで開幕する。開幕に先立ち15日、報道陣に公開された。昨年より多い725企業・団体が参加し、あらゆる機器をネットワークにつなぐ「モノのインターネット(IoT)」技術を展示。19日までの開催で、4日間で16万人の来場者を見込む。IoTは生活の利便性向上につながると期待される一方、個人情報保護などの課題もある。

 「お疲れのようですね。ビタミン豊富なトマトとピーマンのサラダがおすすめです」。初参加のコンビニ大手…

この記事は有料記事です。

残り1971文字(全文2234文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです