メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

来春、未発電なら減額 買い取りで方針 経産省

 経済産業省は15日、太陽光発電など再生可能エネルギーに関する有識者の委員会を開き、固定価格買い取り制度の見直しを議論した。事業用太陽光(出力10キロワット以上)のうち、固定価格が高い制度開始後の2012~14年度に認定を受けたが運転していない発電所に対し、19年4月1日までに運転しなければ固定価格を減額する方針を示した。

 4月1日を過ぎた場合は認定時の固定価格を適用せず、運転開始時点から2年さかのぼった価格に下げる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです