メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活ルール

政府主導に反発も 民間、口出し嫌う

 面接などの解禁日を定めた就職・採用活動のルールについて、2021年春入社までは政府が経団連に代わり、現行ルールを継続する方向となった。経済界には、混乱を避けるため、政府がルール作りを担うことに一定の理解はあるものの、「民間企業の人材採用に政府が口を出すべきではない」と反発する声も少なくない。

 新卒採用のルールを巡っては、大学側だけではなく、経済界からも「何らかのルールは必要」(日本商工会議所の三村明夫会頭)との指摘もあった。採用にお金と時間をそれほどかけられない中小企業は不利になるためだ。経済同友会の小林喜光代表幹事は「民と対話しながら政府である程度の規制をかけるのは自然な流れ」と政府による音頭取りに一定の理解を示す。

 一方、経団連非加盟企業幹部は「政府がルール作りをすることに違和感はある。“官製春闘”と呼ばれる賃上…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです