メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活ルール

政府主導に反発も 民間、口出し嫌う

 面接などの解禁日を定めた就職・採用活動のルールについて、2021年春入社までは政府が経団連に代わり、現行ルールを継続する方向となった。経済界には、混乱を避けるため、政府がルール作りを担うことに一定の理解はあるものの、「民間企業の人材採用に政府が口を出すべきではない」と反発する声も少なくない。

 新卒採用のルールを巡っては、大学側だけではなく、経済界からも「何らかのルールは必要」(日本商工会議所の三村明夫会頭)との指摘もあった。採用にお金と時間をそれほどかけられない中小企業は不利になるためだ。経済同友会の小林喜光代表幹事は「民と対話しながら政府である程度の規制をかけるのは自然な流れ」と政府による音頭取りに一定の理解を示す。

 一方、経団連非加盟企業幹部は「政府がルール作りをすることに違和感はある。“官製春闘”と呼ばれる賃上げと同じ構図ではないか」と不快感を隠さない。日本総研の山田久主席研究員は「際限のない青田買いを避けるための次善策であり、政府としてもあまり強制力は持たせられない。外資やベンチャーから過剰介入にうつることもあるだろう」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです