メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞週間

旧優生保護法を問う キャンペーン報道に新聞協会賞 被害の訴え、全国に

取材に応じる原告の女性(手前)と義姉=宮城県内で、喜屋武真之介撮影

 「不良な子孫の出生防止」を掲げて障害者に不妊手術を強いた旧優生保護法。終戦直後の1948年に制定され、約半世紀後の96年に改定されたが、さらに20年余も旧法下の人権侵害は闇に埋もれていた。その実態に光を当てた毎日新聞のキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」が今年度の新聞協会賞を受賞した。救済への動きにつなげたのは、当事者たちの長年にわたる努力とキャンペーンとしての新聞報道だった。今年1月以降、国の責任を問う訴訟が各地で相次ぎ、国会では補償に向けた議論が進む。原告となった当事者や家族、旧法下の人権侵害を告発してきた専門家に、新聞報道への期待を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4118文字(全文4396文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです