メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞週間

旧優生保護法を問う キャンペーン報道に新聞協会賞 過去の過ち、未来の教訓に 市野川容孝・東大大学院教授の話

市野川容孝・東大大学院教授

 旧優生保護法の過ちを問うことは、憲法13条をとらえ直す作業だと思う。「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」と明記された条文だ。

 今年に入っての新聞報道で分かったことだが、13条を巡る議論は旧法施行の翌1949年に起きていた。

 障害者をだましたり、拘束したりしてでも不妊手術を強制できるとした規定について、実務を担う地方から1…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1095文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです